裏側からの矯正治療(舌側矯正)
ワイヤーを使わない矯正治療(アソアライナー、インビザライン)

宝塚市の矯正歯科たかぎ・クリニック


裏側からの矯正治療(舌側矯正)


舌側(裏側)矯正とは
矯正装置を歯の裏側につけ、矯正装置が全く人目に触れないように治療する方法です。この方法を「舌側矯正」または「リンガル矯正」と言い、表側からの矯正治療とは異なった知識と技術を必要とします。

 最新の見えない矯正治療
舌側矯正は従来、この「見えない」ことを優先する反面、話しづらい・ブラッシングしづらいなどのデメリットがありましたが、審美歯科矯正 ( 舌側矯正 ) 法( STb 舌側矯正システム)により装置が大変小さくなりこれらの不快な制約が解消され、より快適なものとなったのです。
お勤めの業種によって、目立つ表側の歯科矯正ができなかった方も「見えない」ことで解決されます。
また、見えないだけではなく、今まで負担となっていた問題が大幅に軽減されたことにより、普段と同様の日常生活を送れるようになりました。

 STb 舌側矯正のポイント
 話しやすい
 食べやすい
 歯磨きがしやすい

ブラケットのサイズが従来の歯科矯正装置の約半分の大きさで、全体的に丸みを帯びたデザインであるため、今までに審美歯科矯正 ( 舌側矯正 ) で問題となっていた、話しづらい、食べにくいなどの障害が大幅に軽減され、ブラッシングもしやすくなっています。

・STbブラケットは、第一に装着時の舌の違和感を大幅に改善しました。
・従来の審美歯科矯正(舌側矯正)装置と比較しても非常に小さく・薄くなっており全体的に丸みを帯びたデザインにより話しにくさ・咬みにくさ等の障害を最小限にとどめることができます。
・審美歯科矯正(舌側矯正)装置が小さく丸くなった事により、歯磨きも従来よりスムーズに行えるようになったので汚れや歯石がたまりにくくなり、口腔衛生 面も安心していただけるようになりました。