裏側からの矯正治療(舌側矯正)
ワイヤーを使わない矯正治療(アソアライナー、インビザライン)

宝塚市の矯正歯科たかぎ・クリニック


裏側からの矯正治療(舌側矯正)


舌側矯正のメリット・デメリット
舌側矯正治療は表側からの矯正と比較して様々なメリットもあればデメリットもあります。
ここではそんな舌側矯正のメリットやデメリットを紹介します。
 舌側(裏側)矯正のメリット
1. 裏側に装置を装着するので、目立たずに矯正治療ができます。
矯正治療をしたいけど矯正装置が目立つのが嫌とか、職業柄表側の矯正ができないなどという人には、裏側矯正が最適です。舌側(裏側)矯正では、矯正装置が外側からは見えませんので、他人に気づかれずに矯正を行うことができます。

2. 矯正治療中に虫歯になりにくい。
舌側矯正で虫歯になりにくい理由
①歯の裏側は表側に比べてエナメル質が厚い
②だ液には酸を中性にする働きがある。歯の裏側はだ液が常に潤滑しているので、歯の裏側に装置を付けることは、表側に付けるよりも虫歯になりにくいといわれている。
ただし虫歯になりにくいからといって、歯磨きを怠ると、やはり虫歯になる可能性が高まります。矯正治療中は歯磨きは徹底的にすることがポイントです。また、歯科医師や衛生士に正しいブラッシングの仕方を習いましょう。

3. 前歯が引っ込みやすくなります。
矯正治療では、歯を抜いてスペースを作り、そのスペース分だけ前歯を後ろに移動させるという方法を取ることがあります。この場合、奥歯を固定源にして前歯をひっぱって移動させます。ところが、表側の矯正では前歯が後ろに移動しないで、奥歯が逆に引っ張られて前に移動してしまうことがあります。
舌側(裏側)矯正では、装置が固定源となる奥歯を動きにくくするので、前歯をきちんと後ろに移動させることができ、前歯が引っ込みやすくなります。

4. 舌癖防止になり、矯正後の後戻りのリスクが減ります。
開咬、出っ歯、上下顎前突のケースでは、舌が前方に出る癖があるため、矯正治療後も後戻りしてしまう可能性があります。
歯の裏側に矯正装置が付いていると治療中に矯正装置自体が舌癖防止装置の役割も果たすことになり、矯正治療中に舌の癖も矯正され、装置を外した後の後戻りのリスクが減らすことが出来ます。また、咬み合せが深い症例は早期に改善されます。


 舌側(裏側)矯正のデメリット
1. 装置が舌に触れるため、違和感を感じ、発音がしづらくなる。
舌側(裏側)矯正の装置を装着すると、舌を歯の裏側にあてて発音する言葉が若干しづらくなることがあります(さ行、た行、ら行の言葉)。しかし、 最近の舌側矯正装置では改善されつつあります。

2. 装置が舌に触れる違和感を感じる人もいます。
舌側(裏側)矯正では、歯の裏側に装置を付けるため、舌が装置に触れて違和感を感じる人もいます。最近の舌側矯正装置ではほとんどの人が 1 週間程度で慣れているようです。

3. 歯磨きがしづらい。
歯の裏側は表側より歯磨きがしにくいものです。矯正装置を装着すると、普段の歯磨きと違い磨き難さを感じる場合もあります。
虫歯にならないために歯科医師、歯科衛生士に正しいの歯磨き仕方を習い、日頃の歯磨きを欠かさず行いましょう。

4. 表側の矯正の装置より費用が高い。
舌側(裏側)矯正治療では表側の矯正治療に比べて費用がかかります。通常、表側に矯正治療より 1.5 倍の費用が掛かります。
理由としては、歯の裏側は凸凹で形が複雑なために、表側矯正の装置を使うことができず、患者さんひとりひとりに合わせた装置をつくる必要があるからなのです。つまり、オーダーメイドの矯正装置をつくるのに大変な手間がかかるために装置の費用が若干高くなります。
また、歯の裏側は見づらいので、歯を動かすために用いるワイヤーの調節に手間と時間がかかり、高度な技術が必要となるので技術料が高くなります。