裏側からの矯正治療(舌側矯正)
ワイヤーを使わない矯正治療(アソアライナー、インビザライン)

宝塚市の矯正歯科たかぎ・クリニック


ワイヤーを使わない矯正治療(アソアライナー、インビザライン)

ワイヤーを使わない矯正治療とは
ワイヤーを使わない見えない矯正治療として、マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置であるアソアライナーとインビザラインがあります。同じマウスピース矯正ですが、それぞれに特徴があります。
メリットとしましては、ワイヤーを使わないので、周りから気づかれず、治療装置を外して食事や歯磨きをすることができます。また、デメリットもあり、治療装置は食事と歯磨きの時以外は常に付けていなければ治りません。治療装置の使用には歯科医の指示を守ることが大切です。

 アソアライナー(マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置)とは
アソアライナーは、韓国の矯正専門医の金泰元先生が考案されたクリアアライナーをさらに進化させたもので、インビザラインと同様の透明なマウスピースが取り外し可能な矯正装置です。
可撤式矯正装置には幾つかありますが、クリアアライナーは各段階ごとに模型を作製し、 Aligner Aid Program というコンピュータソフト上で移動量・回転角度などを計測することによって、簡便かつ正確な歯の移動を可能にした見えない矯正装置です。
アソアライナーは1歯~多数歯まで、さまざまな症例に幅広く適用できます。

※従来の矯正はブラケットを使用しておりましたが、アソアライナーで治療すると目立たないため、矯正治療をしている事に気がつかれません。

 アソアライナー(マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置)の特徴
・目立たないことをはじめ、発音障害、違和感等、患者様の負担を軽減させることが可能。
・各ステップごとに印象採得をしていくので、患者様の進行に合せてより確実な治療が可能です。
・アソアライナーはコンピュータを用いて、1ステップ1㎜前後の正確なセットアップを行います。
・可撤式のため、取り外してブラッシングが可能で、口腔内を清潔に保つ事が可能。
・各患者様の症例、治療の進め方、テクニックにあわせてブラケットとアソアライナーの併用も可能。
・ハードとソフトの2種類のアソアライナーを用いるため、疼痛の少ない無理のない矯正治療が可能。

 インビザライン(マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置)とは
インビザラインは、世界中で340万人以上の治療実績がある信頼度の高いマウスピース矯正です。
クリンチェックと呼ばれる3次元シミュレーションソフトを通じ、コンピュータ画面上で歯科医師が治療計画を策定し、 治療完了に至るまでのアライナー(マウスピース)の必要個数、形状が決定され、治療開始前にすべてのアライナーが一度に製造されます。
オーダーメイドで製作する薄い透明なマウスピース型装置のため、装着していても周囲から気づかれることはほとんどありません。


 インビザライン(マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置)の特長
・透明感があり、装着していても目立ちません。
・食事中には矯正器具を外して自由に食事をすることができます。
・器具を外して清掃できるため口腔内を清潔に保ちやすい。
・クリンチェックの3Dアニメーション動画で、計画された歯の移動を患者自身も確認できます。
・器具が透明なため審美的に優れています。
・コンピュータ上の3Dシミュレーションを通じ、歯の移動や治療計画を視覚化できます。
・アライナーを利用して矯正と同時にホワイトニングを行うことができます。

 当院におけるアソアライナーとインビザラインの使い分け
アソアライナー インビザライン
来院回数 1.5ヶ月~2ヶ月に1回程度 月に1回程度
適応症例 矯正の後戻りに使用する場合、前歯の部分的な矯正に使用 抜歯にも適用できて対応範囲が広い
料金 比較的安い
検査・診断料 50,000円~60,000円
装置・技術料 300,000円~400,000円
比較的高い
検査・診断料 50,000円~60,000円
装置・技術料 800,000円~900,000円

※抜歯が必要な場合や複雑な歯のコントロールなどが必要な場合は、インビザラインを使用した方が良いと考えております。 インビザラインとアソアライナーのどちらも対応できる症例では、コストの安いアソアライナーをお勧めしています。